肩こり 頭痛 湿布

肩こり 頭痛 湿布

作業をすると頭痛が併発、湿布が手放せません。

 

 

"元々絵を描くのが好きなので、よく描いているんですが、ものの1時間もするとひきつるような痛みが起きはじめます。肩から首にかけての部分が痛み始めるので、その度に湿布を貼って凌いでいます。それも一時的なもので、痛みが引いたなと思って作業をもう一度始めるとまた再発します。

 

同じような体勢なのが悪いのかと思って動いたりもするのですが、それもあまり効果はなく、好きな絵を描く、ということができない状態になってしまいます。

 

肩の痛みが起きてもそのまま絵を描くのを続けていると、右側頭部が痛み始めてしまいます。手で揉みほぐしてもほとんど効果が現れないので、すごく悩まされてます。

 

10代の頃から凝り性で、肩が柔らかかった時期がほとんどありませんでした。肩甲骨のあたりまで、ここも骨なんじゃないかというくらいです。カラオケに行って歌っていても、画面を見るために同じ体勢になってしまうので、段々肩が重くなり始めて、せっかくの楽しい息抜きも肩凝りに邪魔されてしまう日々です。"

マッサージに行く。

 

 

"鍼灸にかかるのが一番いいと母親には言われたのですが、痛そう、熱そう、というのが第一にあるのでまだ私は触れてはいないのですが、近くにマッサージ店があるのでそちらには足を運んでいます。

 

もう長いこと付き合っている肩凝りなので、簡単に治ることはありませんが、マッサージに行くだけで十分肩は軽くなります。

 

あと、これは個人的に実践している肩凝り解消方法なんですが、腕を力強く伸ばしたまま前に10回、後ろに10回と回すとかなり楽になるので、マッサージに行けない時は気休めかもしれませんがそのようにしています。

 

あと、筋を伸ばすのが大事だと聞いたので、首を左に傾けて30秒ほどキープをしてから元に戻す、右に傾けて30秒キープ、という風に伸ばしています。これは痛みが出てからしか行っていないのですが、かなり引っ張られている感覚があるので、筋肉が縮こまってしまっているのだなと実感することができますし、時間は少しかかりますが個人的にやっているものにしては肩が軽くなる印象があります。"

こんな記事も読まれています♪


ホーム RSS購読 サイトマップ